結婚式の披露宴での定番ムービー演出3選

ムービー

近年、披露宴でのムービー上映は定番の演出ですよね。

オリジナリティのあるムービーを作成すれば、きっとゲストを楽しませることができますよ!

今回は、結婚式の披露宴での定番ムービー演出3選をご紹介していくことにしましょう。

オープニングムービー

おふたりが会場に入場する直前に上映するのが、オープニングムービー。

ワクワク感が高まる瞬間です。

おすすめアイディア

パロディ風ムービー

ゲストの笑いを誘いたいなら、パロディ風ムービーがおすすめ。

映画やアニメなど、おふたりの趣味を盛り込みましょう。

おしゃれムービー

コマ撮りにしたりPV・MV風にすれば、とってもおしゃれなムービーに。

恥ずかしがらずになりきって撮影することがポイントです。

注意点

オープニングムービーは長すぎると、間延びした印象になってしまいます。

3~5分程度に収めましょう。

生い立ちムービー

新郎新婦の生い立ちを紹介するムービー。

おふたりがお色直しで中座している最中や、結婚式の後半で上映されることが多いです。

おすすめアイディア

ナレーションをつける

生い立ちムービーは、字幕メッセージを入れることが多いです。

さらに、ナレーションをつけることで親近感がアップ!

見てて楽しい生い立ちムービーとなるでしょう。

両親への感謝を伝える

両親の結婚から生い立ちを遡るのもアリ!

両親にとっても、うれしいサプライズとなりますよ。

注意点

ゲストの写真を盛り込む場合は、できるだけ平等に。

「誰かだけがいない…」なんて状況にならないようにしましょう。

エンドロール

おふたりが退場したあと、流すエンドロール。

ゲストの名前が上映されることが多いです。

おすすめアイディア

メッセージを添えて

ゲストの名前とともに、メッセージを添えてみては?

ゲストにとって、うれしい演出になるでしょう。

撮って出しエンドロールにする

挙式からの当日の様子を撮影し、「撮って出しエンドロール」にするのもアリ!

対応できるかどうかは、結婚式場によって異なります。

事前に要確認です!

注意点

ゲストの敬称は、しっかり統一しましょう。

「○○さん」「○○様」など混在しているのはNGです。

ただし、小さな子どもの場合は、「○○ちゃん」などでもOKですよ。

また、ゲストではなくホスト側である親族に対しては、敬称をつけないのが一般的です。

まとめ

以上、結婚式の披露宴での定番ムービー演出3選をご紹介してきました。

定番だからこそ、オリジナリティを出すことが大切!

ぜひ今回チェックしたアイディアを、おふたりの結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする