一体感が生まれる結婚式の演出3選

ブライズメイド

せっかくの挙式。

できるのであれば、ゲストにも楽しいんでもらいたいですよね。

今回は、ゲストとの一体感が生まれる結婚式の演出3選をご紹介していくことにします。

リングリレー

リボンや紐に指輪を通し、ゲスト全員で新郎新婦のもとに送るリングリレー。

知らない人同士も協力することになるため、自然と一体感が生まれる演出です。

リングリレーのおすすめアイデア

リボンをひと工夫

リボンに意味を持たせるのも素敵。

赤いリボンは、愛や情熱を。

白いリボンは、純粋さや誠実さを連想させます。

指輪に風船をつける

指輪は小さいため、リングリレー中にどこあるのか見にくいです。

風船をつけることによって、どこにあるか一目瞭然!

見た目にも可愛いアイデアです。

リングリレーを行ううえでの注意点

いきなりリングリレーを行うと、ゲストが戸惑ってしまう可能性も。

リングリレーに参加するゲストをあらかじめ決めておいたり、結婚式場のスタッフにやり方を説明してもらいましょう。

ブライズメイド

ゲスト2~5名が、お揃いの衣装を身にまとって新婦のお世話するブライズメイド。

親しい友人との思い出となることもあり、人気の演出です。

ブライズメイドおすすめアイデア

アッシャーもお願いする

アッシャーというのは、ブライズメイドの男性版。

新郎のお世話をします。

ブライズメイドだけでなく、アッシャーをお願いするのもアリですね。

ブライズメイドを行ううえでの注意点

ブライズメイドが用意する衣装代をどうするかなど、事前にしっかり確認を。

一般的に、衣装はゲストの負担とならないよう、花嫁が用意することが多いです。

また、ブライズメイドを担当してくれたゲストにはお礼をお忘れなく。

シャボン玉

挙式後に新郎新婦とゲストが集まり、シャボン玉を飛ばすのも素敵。

一斉にシャボン玉が舞い上がり、ロマンチックな雰囲気となりますよ。

シャボン玉のおすすめアイデア

容器に工夫を

ゲストに配るシャボン玉液の容器にひと工夫!

メッセージや一輪のお花を添えてみてはいかが?

ゲストにも喜ばれるアイデアです。

機械を利用するのも一つの手段

ゲストに飛ばしてもらうのではなく、機械を利用するのも良いでしょう。

シャボン玉が舞う中で記念撮影をするのも素敵ですね。

シャボン玉の演出を行ううえでの注意点

シャボン玉の液が服につくとシミになってしまうことも。

一般的なものではなく、シミにならない専用のものを使用しましょう。

まとめ

以上、ゲストとの一体感が生まれる結婚式の演出3選を、ご紹介してきました。

どれも素敵な演出なので、ゲストとの楽しい思い出となることでしょう。

ぜひ、おふたりの結婚式に取り入れてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする